正月からフルセットで叩く時間がなくて、
練習パッドのみでやっていましたが、
今日からエレドラで練習開始しました。

先日の神保さんのLIVEで触発されて、
セッティングの仕方(体とセットの距離やペダルとイスの距離等々)を少し見直しました。

さらなる脱力を目指したセッティングを、
ああだ、こうだ、動かしながら
少しずつ慣らし運転して
今日の練習は終了。

20100106192211.jpg
スポンサーサイト



超わからないです(>Α<)基本の基本を聞いちゃいますけどセッティングって..自分の叩きやすいというフォーメーションに合わせて置くでOKですよね?!基本のカタチがあって、もっと幅を広げよう(例えば..SN両脇においちゃうとか?!)って研究されてるのですか??いゃ、もっと演りやすさを極める??
神保さんのセット写拝見しましたが..セッティングするのに何分かかるんだろーなんて、その程度しか考えられません(笑)
【2010/01/07 01:05】 URL | さかもと #-[ 編集]
>さかもと様

わからないよね~(笑)

細かく書くとかなりマニアックな話になっちゃうので
超簡単に書きますが、、、

スティックの握り方
イスのどの辺に座るか、
イスの高さ、
叩く姿勢、
バスドラムのペダルのどの辺を乗せるか
ハイハットの向きとペダルの距離、
スネアの場所(手前か奥に置くか)
スネアの高さや角度、
スネアとタムの位置関係
ヒールアップの度合い、
シンバルの傾き
シンバルへのアプローチの仕方
等々、まだまだ書くときりがありませんが
すべてがリンクしてるので
さらに脱力、究極の脱力状態で抜ける音を出そうと
つね日頃研究しているわけです。
そうやって日々進化していけたらな~っと。

神保さんの進化ぶりは毎回目を見張る物があります。
前回観た時よりもさらに脱力してました。
脱力=瞬発力アップ。
音が非常に良く、抜けが抜群になります。
力んだ音はウルサいだけでアタックしかでませんし、
ドラム胴、本体が鳴りません。
シンバルもしかり。

昨夜NHKでやっていたドキュメント、
野球NY松井選手のさらに追求し完成したフォーム、
脱力&瞬発力、感動しました。

ドラムはスポーツに似ていますよね。

あんなに神業と思える神保さんや松井選手もまだまださらに追求しているわけです。

オラもさらに今年はバージョンアップしますよ~!!
【2010/01/07 02:34】 URL | テルテル #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 テルテルブログ, All rights reserved.