上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のSMフレンズLIVEの日、出演時間までの待ち時間を喫茶店で過ごしてたのですが
その時の出た話題でバッキーが

「蝉は毎年出てくるけど、土の中で5~6年過ごす訳でしょ?
 てことは、木の周りは1年モノ~5年モノの蝉たちがウジャウジャいるってことだよね。
 掘り返したら蝉がたくさん出てくる。すごいことだよね~」

て、言っておりまして、それはたしかにすごい!なと皆で感心してたんですが、

「蝉はいつ生まれていつ土の中に潜るんじゃ?」という疑問がでてきて
誰もそのことについては考えたことなかったらしく結論が出なかったんです。

気になってたので調べてみました。
詳しく書くと長くなるので簡単にまとめます

交尾後、メスが木に産卵します。
     ↓
翌年の梅雨あたりに孵化します。
     ↓
孵化した幼虫は自力で木の根元まで降りて、穴を掘って土の中に潜っていきます。
     ↓
木の根につたって潜っていき、樹液を吸って生活。
     ↓
5~6年後、天敵から狙われない様、
夕方の暗くなった位に土から出てきて成虫(羽化)します。
     ↓
朝明るくなるまでに羽化を終了して、飛び立ちます!
     
簡単に書くとこんな感じ。

蝉は外に出てから寿命が1週間とか言われてますが、
実は3週間くらい生きるそうで、羽化してから1週間位は鳴けないらしいです。

いや~、知らなかった。
スッキリしたべ~!
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 テルテルブログ, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。